家庭用脱毛器を選ぶときは埋もれ毛にならないものを

誰でも手軽に、そして安価に脱毛ができる家庭用脱毛器ですが、選ぶときにはいくつか気をつけなければいけないことがあります。
その一つが埋もれ毛のトラブルです。
埋没毛とも呼ばれるのですが、その名のとおり、皮膚の下に毛が埋もれて生えてきてしまう状態のことです。
どうしてそうなるのかというと、当然のことですが毛を抜くと皮膚には穴が開きます。
これを傷とみなされるとかさぶたがつくられ、毛穴がふさがれてしまいます。
一方、毛が抜けても毛根は活動していますので、時間がたつと毛が伸びてきます。
しかし毛穴がふさがれてしまっているため、皮膚の外に出られなくなってしまうのです。
放置しておけば毛が伸びきったころに自然に分解されてしまうのですが、場合によってはかゆみを伴うこともありますし、ムダ毛は見えていても皮膚の下なので処理することもできず、鳥肌のようになって目立ってしまうこともあります。
無理をして抜こうとすると、よけい皮膚が厚くなってひどい埋もれ毛になってしまいます。
ですから家庭用脱毛器を選ぶときは、注意が必要です。
毛を抜くタイプはどうしても埋もれ毛が発生しやすくなります。
また広がった毛穴に雑菌が入って炎症を起こしてしまうこともあります。
ワキ、Vラインは埋もれ毛が起こりやすいので、少なくともこの部位は抜くタイプの家庭用脱毛器で処理しないようにしたほうが良いでしょう。
該当部位を処理したい、また毛が濃い人は光やレーザータイプの家庭用脱毛器を選ぶのが安全でしょう。